真抄洞 shinshodo

大分県竹田市城下町 トンネル町のgallery&実験室

gallery 日誌 blog

"ショップカード"、できました

2017/04/12

すてきな展覧会DMのように、手帳にはさんで、いつも手元に置いておきたくなるような"ショップカード"ができたら。

真抄洞shinshodoが事務局のメンバーのひとりとなっているTAKETA ART CULTUREのフライヤー制作でもお世話になっている竹田市在住のデザイナー、「cotton」工藤千津子さんに、ロゴと同様、"ショップカード"のデザインをお願いしました。

真抄洞shinshodoらしく、竹田で暮らし制作している作家さんに描いていただきたい!と、絵は、実験室アーティストでもある美術家の山本哲也さんにお願いしました。

デザイナーの工藤さんと美術家の山本さんと打ち合わせ。

山本さんは、原画案を何通りか持ってきてくださいました。
すてきな先輩"ショップカード"を参考にしながら、打ち合わせを進めます。

数日後、"ショップカード"ができあがりました!

真抄洞shinshodoのコンセプトや事業内容も。

真抄洞shinshodoのイメージカラーは、黄色と緑。

イメージカラーを伝え、あとは真抄洞shinshodoからイメージされるようなものを描いていただきたい、とお願いしたところ、山本さんは、竹田市の代表的な素材の一部分である、岡城跡の「石垣」や竹田市内に数カ所ある「石橋」をイメージして、原画を描いてくださいました。

竹田市城下町の400年変わらない町割りのような碁盤の目、「石垣」と「石橋」が、末広がりになっています。さまざまなものごとの架け橋になりますように。

裏面は、真抄洞shinshodoがある竹田市城下町エリアの「白地図」にしました。

日々刻々と変化していく「いきもの」である竹田市城下町。

この"ショップカード"を手にした方々自身の手で、竹田市のお気に入りを見つけて、書き込んでいただけましたら幸いです。

-gallery, 日誌 blog