真抄洞 shinshodo

大分県竹田市城下町 トンネル町のgallery&実験室

event/project gallery product 日誌 blog

時代を生きる男 狩猟の総合プロデュース 臼井理浩さん / JAGDヤクト

2018/03/11

 

行動力の塊

 

臼井さんは奈良県出身、大阪でエンジニアとして15年間勤務していました。
好きな仕事だったため、やりがいを感じていたのですが、
「出世=幸せ」なのか、、疑問に思うようになりました。
また、人口減少により変わりゆく人々のライフスタイル。
それならば、、時代に合ったことをしよう!狩猟民族こそ最強の仕事だ!移住を決意。
臼井さんは家族に向け移住のプレゼンをしたそうです。
やると決めたらとことんやる男!!素敵です!
およそ2年前に大阪から移住しました。
とはいえ、仕事をやめ移住することに不安はなかったのか、、気になるところですよね。
「正直怖くて仕方なかったけれど、何とかなると思っていました。」
人生の大きな決断を乗り越えて、今の臼井さんがいるのです。

 

能力の現れ

 

…どうやったら自分に自信が持てるのでしょうか。
「エンジニア時代、何でもこなし、工学技術も語学も習得。
それが自分の強みや自信につながります。」
…どうやって狩猟技術を身につけたのでしょうか。
「罠仕掛け、射撃などそれぞれのプロのもとへ行き技術を盗みました。」
まさに“人を狩るスキル”巧みな技ですね。
…臼井さんの獲物の遭遇率、命中度が高いのはなぜでしょうか。
「奈良市出身ということで小さい頃から奈良公園の鹿を観察していました。
もちろんその当時は猟師になるなんて考えていませんでしたが…」
何気なくやっていたことが意外な面で役立つ、とはこういうことですね。

 

 

どうして竹田?

 

決め手は4点!
「狩猟技術が盛ん」、「肉が美味しい」、「オープンマインド」、「アクセスの良さ」
臼井さん曰く大分県は猟師の昔話日本一、肉の捕獲量全国2位だという…
知る人ぞ知るランキング。実はすごいぞ、大分県!
「実際に竹田に住んでみて、獲物と触れ合う機会が多くスキルアップできる土地だなと
思います。」

 

目指すは時代に合った猟師

 

yamagochi」という無添加・鹿肉100%のペットフードブランドを立ち上げました。
人間も犬も食べられる商品を提供し、人の心に届くペットフードを目指しています。
ペットフードは人と犬のコミュニケーションツールという新しい発想。
ペットは私たち人間に癒しをもたらし、かけがえのない大切な存在であることを
yamagochiの商品は改めて教えてくれます。
中身だけでなく、パッケージもおしゃれ。“もの”と“イメージ”の両方にこだわる。
手に取りたくなるようなデザインです。

 

 

臼井さんのペットも鹿肉を食べ、毛並みつるつる…!
ぜひ皆さんのペットにも!触り心地が抜群になりますよ!
次の休日はyamagochi商品でペットと一緒に過ごしませんか。

 

以下、臼井さんより。

門司港ドッグフェスタなど九州管内イベントは精力的に出店しています。
おかげさまで九州のお客様には可愛がっていただけております。
今後、関東地方のお客様に展開したいので、
犬関係の方にご紹介いただけますと助かります。
紹介してくれた人と商品購入した人にミニゴチ(サンプル商品)プレゼント。

商品HPは、下記のとおりです
http://yamagochi.theshop.jp

 

執筆:真抄洞shinshodoインターン生 永田紗良

 
 

-event/project, gallery, product, 日誌 blog