真抄洞 shinshodo

大分県竹田市城下町 トンネル町のgallery&実験室

creator event/project gallery 日誌 blog

彫刻から版画・人形制作へ。川上裕貴子さん案内の"竹キャン"

初めての場所に行ってきました。

2月14日(木)からはじまる「第21回岡藩城下町雛まつり」準備の一環です。

訪れたのは、大分県立芸術文化短期大学竹田キャンパスです。

元小学校らしく、下駄箱の上で、動物たちが出迎えてくれます。

竹田キャンパスは、竹田市長湯温泉エリア、下竹田にあります。

版画・造形作家で、昨年2018年4月着任の竹田市地域おこし協力隊でもある、川上裕貴子さんが案内くださいました。

大分県立芸術文化短期大学竹田キャンパスは、旧下竹田小学校です。
2階の廊下はカーペット敷きで、天井近くから自然光が入ります。
とっても綺麗で、居心地も良さそうです。
建物のつくりが、旧竹田中学校のTSG竹田総合学院と近いようで、興味深いです。

川上さんは、この竹田キャンパスにアトリエをかまえ、活動しています。

短大の頃は彫刻をつくっていた川上さんですが、短大専攻科に進み、版画にも取り組むようになりました。

銅版画、リトグラフ、シルクスクリーンから、最近取り組むようになった作品も。

専攻科に進んではじめたのは、版画だけではありません。

独学で、人形の制作もはじめました。

専攻科卒業制作でつくった作品。
写真でみると、絵画作品のようにもみえて、おもしろいです。
川上さんが、人形づくり独学時に読む本たち。
人形と聞いて、私がすぐ連想したのは、四谷シモンさんの作品群です。

川上さんからお話を聞いていると、人形の世界、奥が深く、おもしろそうです。
私も、少し奥の方まで覗いてみたいです。

第21回岡藩城下町雛まつり」でお披露目する、真抄洞shinshodoの"お雛さま"の制作を、川上さんにお願いしました。

お顔を制作中でした。
どのようなお雛さまがやってくるのか、楽しみです!

第21回岡藩城下町雛まつり」に合わせて、真抄洞shinshodoで、"お雛さま"だけではない、川上さんの作品を紹介する展示ができたら、と考えています。

ぜひご期待ください!

なお、川上さんは、竹田キャンパスで版画教室もしています。

大学のスケジュールと同期するため、今はお休みですが、今年は5月くらいから始まるそうです。

銅版画、リトグラフ、シルクスクリーン・・・

多様な版画の世界に、一歩、足を進めるチャンスです。

なお、竹田キャンパスには、2017年に急逝された、吉村正郎さんの作品展示スペースがありました。

竹田キャンパスを訪れたのが午前中だったので、お昼ごはんは、長湯温泉エリアにある「お食事処 正直屋」さんへ。

正直屋さんは、現在開催中の「冬ぽか竹田キャンペーン2019 竹田でにゃんこ探し!」(主催:竹田市観光ツーリズム協会)の参加店舗です。

正直屋さんといえば、長湯温泉の温泉水で養殖された「芹川どじょう」やエノハ定食、要予約のすっぽん料理が有名ですが、"可愛い"カレーライスをいただきました。

お昼ごはんにいただいたのは「にゃんこカレー」です。

長湯温泉は炭酸泉で、温度もあまり高くなく、文字どおり、のんびり長湯ができる温泉です。

そんなカレーな長湯温泉に入って、のんびりしているネコのカレー。

炭酸泉に入って、「にゃんこカレー」を食べて、身体ポカポカ、心も和みました。

「にゃんこカレー」は、サラダとスイーツつきです。
スイーツまで「にゃんこ」です◎

-creator, event/project, gallery, 日誌 blog