真抄洞 shinshodo

大分県竹田市城下町 トンネル町のgallery&実験室

日誌 blog

さらに繊細な作品、ことばの世界。「匿名の家-anonymous house-愛ってなんだ VOL.1 牛島光太郎」(gallery cobaco)

2019/09/07

さらに繊細な作品、ことばの世界。

本日9/6が最終日だった、gallery cobaco(福岡県朝倉市)「匿名の家-anonymous house-愛ってなんだ VOL.1 牛島光太郎」へ行ってきました。

入って左手に、ギャラリー空間があります。
目の前の建物は、shop & cafe でした。
ギャラリー入口。
モノトーンの、クールな空間です。

牛島さんは、真抄洞shinshodoが事務局の一画をつとめる、TAKETA ART CULTURE 2018 【美術展「昼と夜」キュレーター:花田伸一】にて、ゲストアーティストとして参加くださり、展示やトークがありました。

牛島さんは、ことばや、道端などで拾ったもの、糸や布等を作品に用います。

このことばは、どう編み出され、なぜここにあるのだろう。
拾った時、手に入れた時、どう思ったのだろう・・・いろいろなことが想像されます。

ギャラリーの隣のお庭を臨みながら、ホワイトキューブがベースの空間だったので、集中して作品を楽しむことができました。

牛島さんは、10月〜11月にかけて、アーツ千代田3331(東京都)にて個展があるそうです。

牛島光太郎 個展 「モノの居場所に言葉をおいたら、知らない場所までとんでいく」
https://www.3331.jp/schedule/004861.html
日程:2019年10月19日(土)〜2019年11月10日(日)
時間:11:00-20:00
備考:最終日のみ18:30まで
休み:会期中無休
料金:入場無料
会場:1F 3331 Gallery

3331 1Fの、メインギャラリーでの個展のようです。

あの大きな白い空間で、どんな展示になるのか、朝倉での個展を拝見し、東京の個展が、ますます楽しみになりました。

・・・・・

galleryで牛島さんの展示を観た後、shopも訪れました。

shopでは、ずっと探していた、綿100%のミトンを発見、購入しました。

甘木絞り「日ノ目~hinome~」のミトンです。

もう何年も前に百均で買った綿100%ミトンの劣化が激しく、ずっと探していました。
綿100%ミトン、なかなかないのですよね・・・

「甘木絞り」はデザインがとくちょう的だそう。

訪れた土地で制作されたものを購入できるのは、うれしいです。

・・・・・

住まいでは、「吊るす」収納をしているのですが、パッと見、吊るすことができる輪っかが見当たらない・・・

ミトンの内側を見たら、吊るすための輪っか、見つけました!

内側に輪っかを納めているだなんて、すてきです。

・・・・・

ショッパーも、かわいい!

bowl(佐賀県有田市)さんもそうですが、ショッパーがすてきだと、気遣いが感じられて、買い物が嬉しくなります。

・・・・・

たいへん恐縮ながら、今回初めて知った、gallery cobacoさん。

shopやcafeを併設しており、空間自体、とてもすてきでした。

地方での、現代美術もあつかうギャラリーの展開、気になります。

べんきょうしたいです。

gallery cobacoさんのかたち、理想です。

・・・・・

竹田への戻りしな、福岡県うきは市にあるMINOU BOOKS & CAFEに立ち寄りました。

お店では、ご近所の方と思われる高齢の方とお店の方がお話中でした。

すてきな店内と本のセレクション、ご近所さんからも愛される本屋さん。

竹田市立図書館や竹田市内にある本屋さんも、セレクションなかなか良くて好きです。

本屋さんでは、本との"思いも寄らぬ良い出会い"があり、うれしいです。

地域にある本屋さん、大切にしたいな、と、あらためて思いました。

-日誌 blog