真抄洞 shinshodo

大分県竹田市城下町 トンネル町のgallery&実験室

日誌 blog

朝、岡城跡へ。

10日間の連休となった、今年2019年のゴールデンウィーク(GW)。

5月3日に放送があったテレビ番組“あなたも絶対行きたくなる!日本「最強の城」スペシャル 第3弾(NHK総合)”で、岡城は「最強の城」に選ばれました。

https://www.city.taketa.oita.jp/topics/?id=2555

(竹田市HPへ)

ゴールデンウィーク中、ひさしぶりに岡城跡を訪れました。

https://www.city.taketa.oita.jp/okajou/

(「竹田市 岡城跡」HPへ)

「登った」のは、朝です。

写真左側に、坂があるの、分かりますか?
くねくね曲げてつくられた、この坂を登って、まずは大手門を目指します。

朝の時間だったからか、飼い犬を散歩中の、真抄洞shinshodoで作品を紹介している作家さんに、ひょっこりお会いしました。

東から昇る朝日が眩しく届く場所につくられた大手門。

大手門の手前には、紅葉の木があります。

その日生まれたばかりの太陽の光を透かした、新緑の美しさに惹かれます。

本丸近くでは、藤の花が出迎えてくれました。

岡城跡の主な箇所のようすを見渡そうと、本丸の上へ登ったのですが・・・

緑の勢いは、すごいですね。

緑で覆われています。

空以外のいちばん後ろの背景、写真中央くらいに、山並みがポコンと上がっているのは、阿蘇山系です。

岡城跡に登ったら、"この方"にお会いしなくては。

二の丸方向に行くと・・・

逆光で分かりづらいですが、瀧廉太郎の銅像です。

https://www.taketan.jp/spots/detail/559

(「タケタン!」竹田市観光ツーリズム協会HPへ)

銅像の作者は、瀧廉太郎の"後輩"、彫刻家の朝倉文夫です。

岡藩三代藩主、中川久清公の墓所がある大船山を含む、くじゅう連山を臨む。

-日誌 blog